OJT型のDX支援事業について


STOVEが提供しているOJT型のDX支援事業についてご紹介していきたいと思います。

企業がデジタル進化することを大目的としたSTOVEのご支援内容というところなんですけれども、我々STOVEの理念としてはその変革の喜びを協創するとか、お客様もクライアント様も弊社のメンバーと共にですね、デジタルを主軸としてその変革をし続けるというところを掲げております。

この文章の語り部

川端 大介

株式会社STOVE 代表 / エンジニア

1987年生まれ、北海道出身。早稲田大学社会科学部在学中のアルバイトでプログラミングを学んで没頭。卒業後、日本IBMにてIT法人営業を3年経験した後に、『自分の手でモノが作りたい』という気持ちが強く、フリーランスエンジニアとして独立。その後、株式会社STOVEを設立。
複数のプログラミング言語を駆使してサーバからUIデザインまでカバーし、隅々までこだわってしまうエンジニア魂を発揮します。高校ではラグビーをやっていました。AWS認定ソリューションアーキテクト。

よくある課題: 開発に1年かけても時代やニーズが変化してしまっている 

具体的には、システム開発を主軸にはしているんですが通常そのシステム開発と言うと要件をシステム開発会社に伝えてですね、システムを開発して納品してそれを使うというというようなプロセスが一般的ですし、それが通常だと思うんですけども、我々はそこに一工夫、二工夫入れております。
というのも事業の変化のスピードがどんどん速くなってきてますので、今までみたいにある程度期間を設けてゆっくり作ってという風にしていると時代にどうしても取り残されてしまうと。

例えばシステム開発に一年ぐらいかけてもまた時代やニーズが変化してしまっている。そういったところが今までのプロセスの課題感だと思ってまして、それを解決するためのアプローチとしてOJT型のデジタル化支援、DX支援を提供しております。

プロジェクト立ち上げから一ヶ月で触れるシステムを構築し開発プロセスを高速で回す

プロセスとしてはDXのプロジェクトの立ち上げ、DXで言うと新規事業開発もしくはその業務効率化のためのプロセス改革及び業務改革が含まれる訳なんですけれども、そういったどこに取り組むかという課題の抽出及びロードマップの定義のところから、まずご支援に入らせていただいております。

具体的に言うと稟議のどこに取り組むのかというところから、どれくらい予算をかけるのかとか、そういったフェーズからお手伝いさせていただいてます。
勿論そのシステム開発も弊社で行っておりまして、開発後のフォローアップというのも実施しているんですけれども、そんな中で重要視していることとしてはスピーディーな開発ですね。
それを実現するためにCORE Frameworkという自社開発のフレームワークを保持しております。

スピーディーな開発がなぜ重要なのか?というところなんですが、そもそも課題を発見した後で取り組もうとして最初に例えば開発に八か月かかりますと。
で、ようやく開発してようやく画面が見れるようになって、そこから現場に投入していって現場からの意見を吸い上げるというプロセスになってしまうと、時間がかかりすぎるのでなかなか最終形にたどり着くことができない。
たどり着くことができないということは、それだけかけた予算や時間、関わった社員さんの給与とかも含めたところでお金が非常に無駄になってしまう。

スピーディーな開発サイクルで完成形に最速&低コストでたどり着く

そこに対してSTOVEでは、例えばプロジェクトの立ち上げから大体一ヶ月とか一か月半ぐらいでもう動くものをすぐにCORE Frameworkを使ってですね、開発して触れる状態まで持っていきます。
触れる状態にしたら実際に現場で利用するユーザーもしくはその部署の方々に触ってみてもらって意見をもらいます。
toCのサービスであればそのサービス利用想定の対象者に触ってみてもらって、これが役に立つかどうか、このシステムが役に立てるかどうかっていうところのご意見と、もしこうだったらいいのになとか、これじゃ駄目だからこういうデータの入力項目が必要だよというお話をもらいます。
それでフレームワークを使ってまたすぐに修正をかけて、また更に次なるフィードバックをもらうためにまた見てもらう。
そのサイクルを例えば二週間単位でずっと回し続けていくと、三か月続けたとしてサイクルが六回回せる訳です。
それが旧来の開発だと例えば改修を入れるのに三か月かかってしまって、六回入れるとすると6×3=18ヶ月で一年半かかる訳なんですが、速度というのはビジネスにおいて非常に重要なポイントですので、スピーディーに改善していくことで完成形に最も素早く、コストをかけずにたどり着けると考えております。

エンジニアでなくとも触れるシステムで現場にマッチしていく過程を体験できる

加えてこのスピーディーな開発を回す中でこのCORE Framwork自体がノーコードで扱えるものでして、エンジニアでなくても変更を加えられる形になっています。
なので、御社のプロジェクトに関わるメンバーの方々がそのフィードバックを反映したりですとか、そういったプロセスに関わる中でどのようにして改善をしていけばいいのか、どのようにしてその現場にマッチする形というのを作り出していくのかというプロセスを体験することができます。
体験することで今後その最初のプロジェクト以降二つを横展開していったり、また他の業務もデジタル化していきたいという時に同じようなプロセスで回していけるわけなので、これは昨今でいうデジタル人材の育成という話にそのまま繋がってくるという風に捉えています。

プロセスとデジタルツールを体験することでDX化に対する回答を持ったスタッフが育つ

一般的にDX人材と言うと、プログラムが書けるのかとか、プログラム研修を受けさせようとか、そういう発想にもなってくる訳なんですが、STOVEとしてはエンジニアイコールデジタル人材ではないと捉えています。
じゃあデジタル人材って何なのかと言うと、その各社の社内でそれぞれの業務をデジタルツールなり考え方なり、もしくは何かウェブサービスなりを駆使してですね、業務を進化させたり新規事業を作り上げるっていうプロセス、プロジェクトを回せる人がデジタル人材であるというふうに定義しています。

だからこそそういったプロセスをSTOVEのメンバーと一緒にやっていくことで、その関わっていただいた社内の社員さんのスキルが上がっていくということが実際に現象として発生していきます。
それがOJT型という風に、オンザジョブトレーニングですけども、書いているポイントでして、研修を受けただけでは学習することができない、実際にデジタル化する為にはどうすればいいのかということに対する回答を持ったスタッフが育っていくという仕組みでプロジェクトを進めていくことができます。
なので、人が育つし実際の業務プロセスもしくは新しい事業が立ち上がっていくと。

〇〇でXXなYYYYを順番に構築していきます。すべてのステップで…. 云々

最初のプロジェクトで培った経験を生かし各事業の業務プロセスをデジタル化

で、弊社はさらにそこで単発のプロジェクトでそれを終わらせずに、企業全体にとって最終的には売り上げ利益を向上させていくとか、社員さんにもっと還元していくとか、そういったところの最終ゴールに対しても取り組んでいきます。
具体的には、最初のプロジェクトで培ったデジタル化への大きな一歩を、あとは横展開していってある事業の業務プロセス一連の中で各プロセスをデジタル化していく、データとして繋げていく、それを一歩一歩確実にスピード感を持って進めていくという取り組みをしていくと。
そうすることで最終的には企業がデジタル進化して、利益率が改善したり、売り上げ向上をさせるための時間によりリソースを使えるようになったり、その結果売り上げが上がっていったりと、一つ一つやっていけば十分に描いていけるゴールだと思っています。

長期的にデジタル進化し続けるための土台作りをSTOVEが支援

そうやって、例えば三か月、半年、一年とか、その一つの領域のデジタル化、DXにとどまらずそれを横展開していって全社的にデジタルパワーを適用できるような仕組みを提供していくことが弊社の存在意義であり、極端に言うと最終的にSTOVEが要らなくなるという形をある意味目指していると言いますか、それぞれの企業様がツールやプラットフォームを駆使して、デジタル進化をできて、かつその進化をし続けられるという状況を作るというのがポイントかなと思っております。
なので、弊社のDX支援というのはシステム開発だけじゃなく、そういった最終的に企業全体としての取り組みに繋がるものとしてサービスを提供させていただいております。

では最初のステップとして何をやるかというところが特に重要になってくるかと思うんですけれども、そういった場合においてSTOVEでは、課題抽出から何に取り組むか、およびどのような効果を目指してまず取り組むかという稟議書もしくは企画書を作っていくフェーズですね、そういったところは無償で持ち出しでご支援を提供しておりますので、ぜひこういった大きな目標に対して最初の一歩をご一緒に取り組ませていただければと思っております。