STOVEが提供するOJT型DX支援事業について

ここでは、株式会社STOVEが提供するOJT型DX支援事業についてご紹介します。

この文章の語り部

川端 大介

株式会社STOVE 代表 / エンジニア

1987年生まれ、北海道出身。早稲田大学社会科学部在学中のアルバイトでプログラミングを学んで没頭。卒業後、日本IBMにてIT法人営業を3年経験した後に、『自分の手でモノが作りたい』という気持ちが強く、フリーランスエンジニアとして独立。その後、株式会社STOVEを設立。
複数のプログラミング言語を駆使してサーバからUIデザインまでカバーし、隅々までこだわってしまうエンジニア魂を発揮します。高校ではラグビーをやっていました。AWS認定ソリューションアーキテクト。

時代の変化に取り残されないための解決策「OJT型DX支援」

弊社では、「“変革の喜び”を協創する」という企業理念に基づき、お客様が「デジタル進化」することを大目的としてDX支援を行っています。
この弊社のDX支援を一言で申し上げると、システム開発を通じた「OJT型DX支援」と表現できます。

OJT型DX支援が他のDX支援と異なる点、それはシステム開発のスピード感にあります。
通常、システム開発というと、開発に1年など、ある程度の期間をかけて開発したものを納品する、というプロセスが一般的ですが、時代の変化が速くなってきている現代において、この方式を選択すると時代に取り残されてしまう可能性が高いでしょう。
つまり、開発に1年間もかけてしまうと、システムができあがった時点でニーズが変化しているため、完成したばかりなのに時代遅れの代物ができあがってしまうわけです。

この問題を解決するにはどうすべきか。
そこで弊社が出した答えが、「OJT型DX支援」です。

OJT型DX支援の流れ

弊社のプロジェクトでは、お客様の新規事業開発や業務効率化改革を行うにあたって、まず「課題の抽出」「ロードマップの定義」という最初のステップからご支援させていただきます。

それこそ、稟議書・企画書の作成という開発前の段階から無償でお手伝いさせていただきます。
その上でシステム開発と開発後のフォローアップを実施しているわけですが、弊社のプロジェクトにおいて最も重要視しているのが、先ほども申し上げたシステム開発のスピード感です。

その理由を申し上げましょう。
たとえば、仮にシステム開発に8ヶ月もかかってしまったとします。
そこから現場に投入して現場の意見を吸い上げる、というプロセスを辿ると、完成形にたどり着くにはさらに数ヶ月かかることが予想されますよね?

私には、それが予算、時間、そしてプロジェクトに関わった社員さんの給与の無駄に思えてならないんです。

ですから、弊社のプロジェクトでは、「CORE Framework」という自社開発のフレームワークを使用して、立ち上げから約1ヶ月でプロトタイプを高速開発し、クライアントさんに実際に利用してもらいます。
そして、システムが業務やサービスに役立つかどうか、フィードバックをいただきます。

この意見を受けて修正したものを、また実際に利用していただき、そこでさらにフィードバックをいただく。
こういったフィードバックサイクルを2週間単位で回し続けていくと、例えば3か月続けた場合、サイクルが6回転するわけですから、旧来の開発に比べて圧倒的に速く、かつコストをかけずに完成形にたどり着くことができます。
今の時代においてスピード感はビジネス上極めて重要なので、この手法によるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

体験型の開発プロセスでデジタル化へのイメージが的確に

また、弊社のフレームワーク「CORE Framework」はノーコードで扱えるため、エンジニアでなくとも変更を加えることが可能です。
つまり、御社のプロジェクトに関わるメンバーの方々が、自発的にフィードバックを反映させることもできるわけです。

これにより、本来エンジニアではなかった人材が
「システムをどのように改善していけばいいのか」
「システムをどのように現場にマッチさせていけばいいのか」
という問題に対して、ノウハウを貯めていくことができます。

この体験を経ることで、複数の事業のデジタル化を並列展開させることが可能になりますし、時を置いて別の業務をデジタル化したくなったときにも、このプロジェクトに参加した人材が役に立つことでしょう。

デジタルツールを駆使してプロジェクトを回せる人材=デジタル人材

一般的に「デジタル人材を育てる」というと、「プログラムを書けるようにする」「プログラム研修を受けさせる」のように、エンジニアを育てることと同一視されがちです。
しかし、デジタル人材とはエンジニアのことではありません。

弊社の考える「デジタル人材」とは、「デジタルツールやウェブサービスなどを駆使して、既存業務を進化させる・新規事業を立ち上げるといったプロジェクトを回せる人材」のことです。
その意味で、弊社のメンバーとクライアントの社員さんが共同でシステム開発を行っていけば、社員さんをデジタル人材へと成長させることにつながります。
なぜなら、その社員さんは、弊社のスタッフと伴走することで「業務のデジタル化ですべきこと」がわかるようになるからです。

全社的なデジタル進化が最終目標

弊社の目標は、ご依頼いただいたプロジェクトを単発で成功させることではありません。
弊社の存在意義は、全社的にデジタルパワーを適用できる仕組みを提供することにあるからです。
よって、最初のプロジェクトで培った経験を他の業務領域へと展開し、御社業務の全プロセスをデジタル化することまでが我々のミッションと考えています。

業務ごとのプロセスをデジタル化し、データとして繋げていくことができれば、利益率の改善や売上の向上、ひいては社員さんへの還元といったDX化の本来の目的を達成することができるでしょう。
その本来の目的を達成できるまで、弊社はしっかりとサポートさせていただきますので、ご安心ください。
弊社の支援がなくとも、クライアントさん自身でデジタルツールやプラットフォームを自由に駆使してデジタル進化しつづけられる状態を目指して、ともにがんばっていければと考えております。

まとめ

今回は、弊社が提供するOJT型DX支援事業についてご説明させていただきました。
デジタル化という大きな目標に向けて、是非とも弊社に最初の一歩を支援させていただければと思っております。
DX化に際して何をすればいいかわからないとお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひともお気軽にお問い合わせください。