コスパ良くデジタル化を進めるには

今回は、「コスパよくデジタル化を進めていきたい」というお客様のご要望に、弊社STOVEがいかに応えているかについてご紹介していきます。

この文章の語り部

川端 大介

株式会社STOVE 代表 / エンジニア

1987年生まれ、北海道出身。早稲田大学社会科学部在学中のアルバイトでプログラミングを学んで没頭。卒業後、日本IBMにてIT法人営業を3年経験した後に、『自分の手でモノが作りたい』という気持ちが強く、フリーランスエンジニアとして独立。その後、株式会社STOVEを設立。
複数のプログラミング言語を駆使してサーバからUIデザインまでカバーし、隅々までこだわってしまうエンジニア魂を発揮します。高校ではラグビーをやっていました。AWS認定ソリューションアーキテクト。

一般的なデジタル化のコスト構造

コスパを考えるにあたって、まずはデジタル化の際にコストとなるものについて考えましょう。
デジタル化のコストとして発生するものは、主に以下の3つです。

・ソフトウェアのパッケージ費用
・サーバーのインフラ費用(クラウド含む)
・開発工数


なお、この中で最も費用が大きく変動するのは開発工数です。
開発工数は人数×日数で決まるので、プロジェクトに携わるエンジニアの人数でも変わりますし、既存のシステムを踏襲するか、全くの新規開発をするかで開発日数が大きく変わります。
また、開発工数を正確に予測することはできません。
未来は誰にもわからないからです。
ですから、当初見積もった開発工数よりもボリュームが膨らんでしまうのは、ある程度仕方がありません。

そして、今挙げたコスト以外にも、実は“見えないコスト”というものが存在しています。
この“見えないコスト”を正しく評価することが、業務をデジタル化する上で非常に重要です。

過小評価されがちなコスト「プロジェクト期間」

では、この“見えないコスト”の正体は何なのでしょうか。

それは、「プロジェクトにかかった期間」です。
たとえば、1か月でリリースできるものと、開発に1年半かかってしまうものを比べてみてください。
その差はなんと17ヶ月です。
この17か月の間に、プロジェクトの担当者さんに支払った給与を換算してみましょう。
かなりの額になるはずですよ。

また、競合他社が1ヶ月で業務改善をおこなっているところ、自社では1年半もかけてしまうことのダメージを想像してみてください。
デジタル化に遅れをとるということは、市場競争力を弱めることにもつながり、自社に深刻な被害をもたらす恐れもあります。

しかし、多くの企業はこのプロジェクト期間というコストを過小評価しがちです。
本来なら、プロジェクト期間というコストは、もっと社会的にも認知されて然るべきでしょう。

形だけこなした、では意味がない

ここまでデジタル化のコスト構造をご説明してきました。
その上で、パフォーマンスの質も考慮に入れる必要があります。

パフォーマンスの質を評価するには、当初の目的をデジタル化で達成できたのか、業務改革をしたことでビジネスを良い方向に舵取りできたのかを冷静に判断しなければなりません。

デジタル化の失敗例としてよくあるのが、システムを稼働しはじめたはいいものの、業務にマッチしていない部分が残っているケースです。
その結果、他業務とのシステム連携は手作業のままだったりします。
とはいえ、部分的な修正を入れると保守の予算を越えてしまうのでできない、という状況もありがちですね。
こうなってしまうと、そこから先に明るい未来は待っていません。
本来、デジタル化は業務効率を高めて企業の利益を増幅させるためのものなのに、これではコストがかかっただけ損失です。

高速開発・高速改善こそがデジタル化成功の鍵

こうしたデジタル化の失敗を未然に防ぐためにはどうすればいいのか。
この問題に対して、弊社はあるひとつの答えを持っています。

それは、「高速開発・高速改善」することです。
そしてそれを可能にするのが、弊社の「ノーコードツール」と「フルスタックエンジニア」です。

ノーコードツールには、さまざまな業務に合わせて自在にシステムをアレンジできるというメリットがあります。
そのため、弊社は自社開発したノーコードツール「CORE Framework」を現場に投入しています。
これによって、高速でシステム開発を行うことが可能なんですね。

そしてもうひとつが「フルスタックエンジニア」。
弊社は、バックエンド・フロントエンドともにコードの作成・設計ができるエンジニアを抱えています。
しかも彼らは、エンジニア以外のキャリアを積んだ経験のある人材です。
一例を挙げますと、過去に印刷業の営業をやっていた人間や、製造業でデジタル化のプロジェクトを担当していた人間など。
こういったさまざまなバックグラウンドを背負った人材は、エンジニアスキルを身につけるとお客様と業務プロセスの話題を深掘りすることのできる人間になります。
それによって適切な現状調査や課題抽出が可能となり、これがプロジェクトの成功率を爆発的に高めてくれるんです。

継続的改善ができる体制と仕組みこそがコストパフォーマンスを高める

このノーコードツールとフルスタックエンジニアを動員して、プロジェクト開始1ヶ月程度で、実際に触ることのできるプロトタイプを製作します。
そして、現場の方々に実際に触ってもらい、率直な感想をフィードバックとしていただき、それをもとに改善を高速でかけていきます。
このように高速改善を繰り返すので、システムは急速に現場で使えるものと変化するわけです。

世の中、さまざまなデジタル化の手法はありますが、現状、弊社ではこの手法が最もコストパフォーマンスの高いデジタル化手法だと考えています。
そこで、お客様には、単純にシステムを一括購入して導入するという考え方から、改善を積み重ねる仕組みを自社に設け、継続的な改善ができる体制を築くという考えにシフトチェンジしていただきたいと思っています。
そうすれば、デジタル化を一部署に止めるのではなく、全社的に波及させることも可能ですし、社内でデジタル人材を育成することも可能になるでしょう。

まとめ

今回は、コスパよくデジタル化を進める手法について解説しました。
弊社はもとよりコスパのよいデジタル化の手法を追求してお客様を支援して参りましたので、コスパを重視していらっしゃる方はぜひお気軽にご連絡いただければと思っております。