デジタル時代にあった基幹システムの再構築を目指して

デジタル時代に合った基幹システムの再構築をしたいとお考えの方へ、弊社STOVEのソリューションをご紹介します。
まず、基幹システムの再構築に対する弊社のコンセプトをお伝えします。
それは、「継続的に進化できるデジタルの基盤を作る」ということです。

今回は、この「継続的な進化」という部分に焦点を当ててお話を進めていきますね。

この文章の語り部

川端 大介

株式会社STOVE 代表 / エンジニア

1987年生まれ、北海道出身。早稲田大学社会科学部在学中のアルバイトでプログラミングを学んで没頭。卒業後、日本IBMにてIT法人営業を3年経験した後に、『自分の手でモノが作りたい』という気持ちが強く、フリーランスエンジニアとして独立。その後、株式会社STOVEを設立。
複数のプログラミング言語を駆使してサーバからUIデザインまでカバーし、隅々までこだわってしまうエンジニア魂を発揮します。高校ではラグビーをやっていました。AWS認定ソリューションアーキテクト。

パッケージソフトを導入しても万事解決にはならない

みなさんにとっての「デジタル的な進化」とは、基幹システムを導入して業務を改善することを指していますよね?
そこで多くの場合、みなさんはパッケージソフトの導入を第一に検討しがちです。
パッケージソフトを導入すれば、自動的に自社の業務が改善されるのではないか、とついつい過剰な期待を寄せてしまうんですよね。
しかし、システム導入後に既存の業務とマッチしない部分が見つかり、結局、完全な自動化ができず、人力でデータをまとめているというお話をよく耳にします。

こうした失敗を回避する方法のひとつに、経験豊富なITコンサルを設計者として招くことが挙げられます。
ただ、その場合でも、設計段階では予測できないことは必ず存在するので、結果として「導入したが、思ったより業務の効率化につながっていない」という事態が、日本社会全体で起きているんです。

確かに、パッケージソフトを導入すれば問題が全て解決される、という希望を持ちたくなる気持ちはよくわかります。
ただ、本当の意味で業務を改善するには、業務の細かい作業工程をひとつずつ丁寧に改善していく必要があるんです。
そして、それを行い続けることが、最終的に業務改善というゴールに導きます。
ですので、基幹システムを導入すれば飛躍的な改善が訪れるというのは、全くの幻想なわけです。

高速改善基盤が業務効率を最速で向上させる

先ほども申し上げたとおり、業務を改善するには作業工程の見直しを行い続ける必要があります。
そこで弊社が提案しているのが、継続的に進化できる基盤をつくることです。

この基盤づくりには、弊社が自社開発した高度なノーコードツール「CORE Framework」を使用します。
このノーコードツールは、システムを自在に構築することができるので、業務上の要望にも素早く応えることができるという意味で、「高速改善基盤」とも呼んでいます。

実際、このツールがどのぐらい高速なのかをお伝えするために、ひとつの例を挙げさせていただきます。
仮にパッケージソフトを基幹システムに導入した場合、管理画面の入力欄を増やしたいと思ったら、その修正に1か月近くかかることがありえます。
それに対して、CORE Frameworkを基盤として利用したなら、数分で入力欄を増やすことが可能です

続いて、より複雑な演算が必要になった状況を想定してみましょう。
たとえば、将来の予測値を出すために自動計算させたいとか、会社固有のロジックをソフトウェアに内蔵させたいといった要望が出た場合、パッケージソフトで対応すると4ヶ月〜半年近くかかることが予想されます。
一方、弊社のCORE Frameworkはカスタマイズをしやすいので、10日ほどで要望に応えることができます。

このように、どんな要望にも高速改善していくことが「継続的な進化」につながるんです。

ソフトウェア×エンジニアが継続的な進化を可能にする

また、業務改善に求められるものは、ソフトウェアだけではありません。
そのソフトウェアを使って、デジタルと業務を正しく融合させることのできる人材が不可欠です。
弊社では、親身になって現場業務の調査やヒアリングができるエンジニアを抱えていますので、現場の方々と肩を並べつつ、一歩先の未来について楽しく議論しながら高速開発・高速改善を繰り返すことができます。
このように、弊社はソフトウェアとエンジニアの両側面からお客様をサポートしています。

まとめ

今回は、基幹システムを再構築するために弊社が提供できることをご説明しました。
申し上げたとおり、細やかな改善を積み重ねていくことが、大きなデジタル進化に通じる唯一の道であり、これ以上の近道はありません。
もしもこのお話にご納得いただけたなら、お気軽にご相談ください。
無料相談も承っております。