DXパートナーシップ

ご活用企業様インタビュー

高木綱業株式会社
代表取締役社長 高木 敏光さま

STOVEは密接した
コミュニケーションと
緻密な対応が売りの強力サポーター

最終目標である「合理的な展開のしやすさ」に期待

● STOVEのサポートをご依頼された理由を教えてください

弊社の主力商品であるロープが出来上がるまでには、製作行程が相当数あります。受注して製造の指示を出す初期〜中間行程それぞれに指示があるのを、今まで全て紙で指示伝票を回す形で行っていました。まずはそのデジタル化をしたいと思っていました。

 生産管理のシステムや在庫管理のデータベースのサービスは多数の会社からパッケージ化し売られているとは思いますが、パッケージのシステムは使えない点もあると思っています。一つに、決められたやり方に沿わなきゃいけないため、自社にとって使いやすい方法で動かせない場合があります。よって、ある程度セミオーダーやフルオーダーでき、ゼロベースで作ってくれるところを探していました。

 そして、在庫管理や受注管理との一体化をし、工場の稼働状況をリアルタイムで見られるようにすることによって、例えば営業サイドが納期回答しやすくなる、などの、販売まで含めての「より合理的な展開」をしやすくすることを最終目的としているので、システム開発だけで終わらないSTOVEさんに依頼しました。

● STOVEへ発注される以前にあったご状況やお悩みを教えてください

指示伝票である各書類の紙ものをデータにしたかった背景として、今までの世代の社員たちは紙でのやり取りに慣れているので社内的にはある程度効率化はできていましたが、正直、在庫管理などは散り散りになってしまう点もあるため、不備や忘れかけていた内容が出てきたりすることもありました。その際、長年蓄積されてきた膨大な書類から何かを探すということが起きた時にも、データ化していれば見やすく取り出しやすくなることで無駄が減らせます。これまでの受注生産の傾向も蓄積して見えるようになるため、受注見通しや先行して製造を検討するなど、工場の波に合わせて稼働率を見ながら傾向対策も図ることができます。生産性の向上にも繋げていきたかったため、弊社に合ったシステム開発ができるところにお願いしたかったんです。

 今までの「紙書類に残してきた作業」というのは属人的なものだったので、それをやってきてくれていたベテラン社員の頭のなかにあるようなものを、データ化したかったのが大きいです。その中で、ベテラン社員と若手社員がいつまで同じタイミングで仕事をしていけるかも不透明で、その流れをとることで人材育成への妨げにはしたくないと思っていました。ある程度ユニバーサルに人が見れるような状態にし、キャリアの少ない社員でも指示が出せるような体制にすることで、中間層の底上げを図ることもできると考えました。

社員の評価対象にもなりうる
「共同プロジェクト体制」が魅力

● 現在、御社でSTOVEがサポートしている点と、その効率化についてどうお感じですか?

まずは生産計画を立てたいため、過去の受注伝票など紙資料等をデータ化している最中と言えます。データの蓄積、入力フォーム、システムのロジック等を組みプロトタイプの制作を実施していただいています。

 紙の各種指示伝票をデータに起こす段階で、このシステム化において、「手順が変わるならこの伝票は不要になる」など、要るもの要らないもの、やることやらないことを精査できている状況です。それは、紙の行程だと余計に時間や手間がかかっていた部分を発見できると同時に、その無駄を省くこともでき、必要な情報だけ引き抜いて残していけることはミスが生まれづらい環境になってきていることを実感しています。それだけで効率化はかなり図れていると思います。

 これらを経て、将来的には、STOVEさんと一緒に生産計画を立てることだけでなく、工場稼働の業務効率化までを目指し、引き続き遂行していただこうと思っています。

● STOVEのサポートを利用し、御社内で一番変化できたと感じられたのはどのような点だと思いますか?

今も入っていただいている中で感じているメリットでもありますが、STOVEの手法の一つに、かなりみっちりとこちらの現場に入ってくれるという点があります。現場意見の吸い上げや進捗確認を、細かいペースで微修正しながら実施してくださっています。それは、最終的に現場が使いやすいものを作り上げてくれるだろうという信頼があります。

 それと同時に、社内の現場育成の面においても、一つのプロジェクトとして社外の人と関わりながら実施することで、若手社員でも、担当している案件から全体までのプロセスを理解しながら動けていたり、高い意識を持つようになっていっています。そのことは、私が各社員のモチベーションを把握したり、彼らの仕事に対する目的意識が見えてきたため、評価もしやすい点につながりました。それは当初お願いしていた「会社に合ったシステム開発」という部分とはもちろん異なるため、はるかに期待を超えた貢献をしていただいていると感じています。

 STOVEのスタッフ皆さんが、まるで同じ社内のチームのように動いていて、弊社の社員の発言によく耳を貸してくださっている印象があり、現場社員がものを言いやすい環境を作ってくれています。その中で、現場の社員が自ら問題点を探していくようになったりする流れが生まれつつあります。社外の人とともにチームとして、1つのプロジェクトを取り組んでいること自体が業務内容として評価しうるものになっていて、そこが社長としてはSTOVE さんにお願いして一番良かったと思っている点です。

 個人から大手まで様々な企業のサポートをできると思いますが、弊社の経験でいくと、STOVEさんは中小企業にはとても適正なのではと感じています。特に中小企業は、現場は現場の言葉を使い進めていくものも多いと感じていて、組織としてしっかりしきっているわけではありません。役割分担の曖昧さなどもある中で、自分のやるべきことを明確にしていけるいいステップ作りをSTOVEさんには担っていただいていると思います。

アウトプットに加え、プロセスとアフターサポートを重視

●「社内だけだと見えにくい、分かりにくい点を俯瞰で拝見し、社外サポーターとしてお客様の社内効率化を一緒に解決していく」という姿勢でのお手伝いがSTOVEのモットーです。システム開発納品がゴールではなく、始め方と運営をサポートしながら、日々更新し作り変え最適化を目指すSTOVEの体制をどうお感じでしょうか?

会社にとってもちろんシステム自体も、それを最適に運用していくことも大事ですが、もともと自社システム開発だけをお願いすることは望んでいませんでした。研究開発などこれからの未来を作っていくという非効率な分野ではなく、紙をデータにしていくなど既存の現場での効率化を図る環境を作っていくことに注力したく、そういう社内システムを作っていくことはまず一番の目的でした。

 環境を整えることが目的だった会社にとって、「システムができあがった」というアウトプットより、それまでのプロセスこそ代え難いものだと私は思います。だからこそ、パッケージ化されているものを用いることでシステムに振り回されたくありませんでした。開発段階から一緒に動いていき、導入後の流れ、サポートもしてもらえるところにお願いしたかったので、まさにSTOVE さんのそのスタンスは弊社が求めていたこととフィットしていると思います。

今回インタビューにご協力いただいたお客様

高木綱業株式会社
代表取締役社長 高木 敏光さま

【プロフィール】
1979(昭和54)年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。経営コンサルティング会社にて経営戦略策定や定着支援等の業務に従事した後、2011年に高木綱業(株)入社。
2013年現職の代表取締役社長に就任。

高木綱業株式会社

1954(昭和29)年創業、1955(昭和30)年設立。
香川県高松市に本社を置く繊維ロープ・電子機器メーカー。船舶・水産・海洋開発・土木・電力通信・道路・航空・スポーツ・ホームセンター等様々な用途向けの製品を製造、販売。

近年では高機能繊維と特殊加工技術を組み合わせたロープ製品や高速道路渋滞緩和ペースメーカーライトの開発・製造、研究機関や他分野企業との連携による製品試験・点検技術の研究開発と標準化等にも注力。 2015(平成27)年、経済産業省中小企業庁「がんばる中小企業・小規模事業者300社」授賞。

Shape